ボランティア講座

SOS外国人・障がい者のための災害体験 ~避難所を知ろう~

 外国人や障がい者の方々は、災害時には弱者になる可能性があります。
 そこで、あらかじめ災害時の体験をすることにより、災害を意識してもらい、災害時により身の安全が守れるよう、「外国人・障がい者のための災害体験」を実施します。
 是非ご参加ください。

 

事業概要

開催日時

 平成30年9月16日(日)
 午前10時~午後3時

 ※受付は9時30分より(江戸川消防署正面玄関)

 

会場

江戸川消防署:江戸川区中央2丁目9番13号
松江第三中学校:江戸川区中央1丁目20番1号

 

対象

区内在住の外国人、車いす利用者、視覚・聴覚などの障がい者

 

 内容

   10時~       江戸川消防署    

                講話:江戸川消防署警防課

                けむり体験

                AEDの使用法

                消火訓練(消火器操作を含む)

                (江戸川消防署から松江第三中学校へ徒歩で移動)

 

   12時30分~  松江第三中学校

                講話:江戸川区危機管理室

                起震車体験 

                応急担架の作成・体験

                避難所コーナー

                避難所で役立つ防災グッズ作製

  

申込期間

    平成30年8月20日(月)~9月1日(土)

    (日曜日を除く、午前9時~午後5時)

 

定員

    30人

 

申込方法

    電話またはFAXで、えどがわボランティアセンターへ(先着順)

      電話:03-5662-7671

      FAX:03-3653-0740

     ※FAXの場合は、住所・氏名・電話番号を必ず記入してください。

 

主催

         公益財団法人えどがわボランティアセンター

    江戸川区福祉ボランティア団体協議会

 

協力 

    江戸川区

    江戸川消防署

    江戸川区立松江第三中学校

    江戸川消防署災害時支援ボランティア

    日本語ボランティアサークル

    手話通訳者 など